blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

DvorakJ に下駄配列を実装する?

下駄配列をご存じない方は、この動画をご覧ください。

指の動きと実際の入力の関係の理解に資する、よい動画だと思います。


私は、2月のはじめから Dvorak 配列と下駄配列を使用してきました。それまでは両者を全く使用してきませんでした。前者の名称だけは聞いたことがある程度でした。今では両者を実用的な早さで使用しています。具体的には、英文入力では Dvorak 配列を、日本語入力では Dvorak 配列用の拡張入力方式である DvorakJP か JLOD 配列、または下駄配列を使用しています。この中でも日本語を現在一番速く入力できるのは JLOD 配列です。そりゃあ子音をすべて右手で処理し、かつさまざまな拡張を多用できる JLOD 配列を使用すればそうなることは自明なわけです。


さて、標記の件について簡単に説明します。

199さんが公開していたのは AutoHotkey のスクリプトですね。きれいなソースです。「再配布、改造、流用などは自由」とのことですから、このソースに199さんの最後の書き込みを追記して、以下のところにおいておきます。

上記のスレでは252さんが下駄配列ver.1.11を改変したものを公開しています。これも上記のスクリプトを編集することにより、簡単に実装できます。
このスクリプトの内容は簡単に DvorakJ に取り込むことができます。ほぼコピペで実装が完了してしまいます。



ここで疑問を抱きます。Dvorak 配列と下駄配列を併用している人って、そもそも日本にどれほどいるのでしょうか。
英文入力で Dvorak 配列を使用している人数は三桁台か二桁台でしょうか。Mac や Linux のユーザでも Dvorak 配列を使用できますからね。下駄配列を使用している人数は、Dvorak 配列を使用している人数よりも少ないでしょう。二桁台でしょうか。
好きこのんでこの二つの配列を併用する人なんて私以外にはいないかもしれません。やはり DvorakJ に下駄配列を実装する必要はないですね。