読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

「森万里子のインスタレーション:宇宙論のバスツアー」

Mariko Mori’s installation art: Cosmology bus tour | The Economist 今月から始まった展示 "REBIRTH"*1に触れながら、森万里子の作品をやや批判的な観点から紹介している記事である。 *1:Mariko Mori - Exhibitions - Royal Academy of Arts

「日本の際立った総選挙: 闘う安倍」

Japan’s emphatic general election: Abe agonistes | The Economist 今回の選挙後の動向に関し、経済的側面や外交政策を説明している記事だ。

「イタリア政治: マリオ・モンティの辞職」

Italian politics: Mario Monti's resignation | The Economist モンティ首相に引き続きナポリターノ大統領も辞職するとなると(4段落目)イタリアの政治情勢が今後大きく変容するかもしれない。記事中で解説されているように、ベルルスコーニが首相として返…

「バングラデシュにおける戦争犯罪を裁く: 国の誕生にとっての試練」

日本ではまだどのマスコミも報道していないが、これは大ニュースだろう。 Trying war crimes in Bangladesh: The trial of the birth of a nation | The Economist バングラデシュ国際犯罪法廷の裁判長が辞任した一件の裏には、司法の公平性という観念を傷つ…

「北朝鮮によるロケット打ち上げ: 宇宙飛行候補国」

North Korea’s rocket launch: Space cadet | The Economist 短い文章ではあるが各国の立ち位置や振る舞いが端的に表現されている良い記事だと思う*1。日本の動向についてEconomistは"swiftly condemned the launch"と報じているが*2、この表現の裏にはイン…

「イギリスの将来: さよならヨーロッパ」

Britain's future: Goodbye Europe | The Economist EUと経済的な結びつきがあるイギリスの経済人は、イギリスの政治にいざとなったら何らかの形で介入すると思う。この記事が指摘するように、イギリスのEU脱退に伴う経済的打撃は大きいと考えられている。で…

「中央銀行の権限: テクノクラートの責任」

Central banks’ power: The grey man’s burden | The Economist 記事を読むにあたり、「建設国債の日銀引き受け」発言は本当にあったのか?安倍自民党総裁vs白川日銀総裁の「金融政策論争」はメディアが仕組んだけんかだ | 長谷川幸洋「ニュースの深層」 | …

「いっそうの問題提起をどうぞ: ラトビアにおいて否決された国民投票」

More questions please: Latvia's failed referendum | The Economist ラトビア国内での言語の使用状況の現状と、今後の対外的関係、とくにロシアに対峙する情勢が簡潔にまとめられている*1。 今回のラトビアの国民投票を日本からはどう見ることができるだろ…

「スロバキアのスキャンダル: 数百万ユーロのゴリラ」

Scandal in Slovakia: The multi-million euro gorilla | The Economist いわゆるゴリラ文書に関する記事である*1。ゴリラ文書について日本語で言及しているのはdielňa ČAJKA :: Dokumenty Gorilaぐらいだろうか。外務省: 最近のスロバキア情勢と日本・スロ…

「スペインの司法:調査官への取り調べ」

Spanish justice: Investigating the investigator | The Economist ピノチェト裁判というとまず連想されるのはスペインのガルソン(Baltasar Garzón)判事だが、そのガルソン判事が先日から裁判にかけられている。今回は通信傍受の件で、来週はフランコ政権関…

「日本における健康管理: 恩恵づくしというわけではない」

Health care in Japan: Not all smiles | The Economist ランセット誌に掲載された論説を引きながら*1、国民皆保険制度の長短のうち、短所の方に比重をおいて解説している。長所については 国民皆保険制度がわりとうまくいっていた理由 - NATROMの日記 を参…

「アメリカの消費者信頼感の指標: 決して手に入らない富を探し求めて」

US confidence indicators: Searching for a pot of gold | The Economist 消費者信頼感の動向を把握する際、金の相場そのものではなく、金の相場が google でどれほど検索されたのかに注目している。 この記事の前半部分を詳述したのが以下の記事である。 A…

「移民法: 法に違反していない」

Immigration law: No offence | The Economist 気になるのは回答率の低さである。記事で紹介されている報告書 "IMMIGRATION ENFORCEMENT OFF TARGET Minor Offenses With Major Consequences"*1を見てみよう。"ABOUT THE AMERICAN IMMIGRATION LAWYERS ASSOC…

「アップルとサムスンの共生関係:アップルの切り分け」

iPhone のコスト中サムスンが占めている額、そのサムスンに対するアップルの仮処分の行方、そして今後のアップルの様子が手短に説明されている。 Apple and Samsung's symbiotic relationship: Slicing an Apple | The Economist 上記の記事が公開された後、…

The Economist に魔法少女まどか☆マギカのコスプレ画像が掲載されている

香港で開催された Animation-Comic-Game Hong Kong*1の解説記事に、魔法少女まどか☆マギカのキャラクター4名のコスプレ画像が掲載されている。このイベントにおいて披露されていたコスプレの一例のようだ。なるほど、キャラクター4名の中にマミさんが含まれ…

「海外から見た連邦債務上限の議論: ティー・パーティーによって説明されること」

The debt-ceiling debate seen from abroad: The Tea Party explained | The Economist これは、興味深い動画をインターネット上で数々公開してきた、台湾のアップル・デイリーの動画だ。特徴的なのは、ティー・パーティーが好き放題活動しているのだという…

「日本の小売業: 高齢者世代から金銭を引き出す」

上島珈琲店と京王百貨店を例に出して、高齢者向けとは公言されないものの高齢者を想定している商売(ステルスマーケティング)がある、と説明している。なるほど、最終段落によると他には、最終的には高齢者に情報が伝わると考えて、高齢者の子供と思われる…

「婚姻と自由: 複婚を行っている人をなぜ非難するのか?」

Jonathan Turley ジョージ・ワシントン大学教授による論説"One Big, Happy Polygamous Family - NYTimes.com"をもとに、ローレンス対テキサス州事件 - Wikipedia*1を参照しながら、複婚に対する刑事罰について考えている。ただし、当該事件では、複婚を行っ…

「中国の法制度: おお、カナダよ」

この記事のタイトルの「おお、カナダよ」(O, Canada)は、カナダ国歌「オー・カナダ」(O Canada)に関連づけたものだろう。 China's legal system: O, Canada | The Economist 中国によるカナダへの影響を知らないと頼昌星(Lai Changxing)の送還の事情は読み解…

「死刑: テキサス〔州〕よりも悪い〔州〕」

アラバマ州の死刑制度がテキサス州の死刑制度よりも悪いと主張している。 The death penalty: Worse than Texas | The Economist The Death Penalty in Alabama:Judge Override - Equal Justice Initiative (pdf) 後者の pdf では、"EXECUTIVE SUMMARY AND M…

「全世界にわたる下層社会での活気:大衆紙」

フランスやイギリス等において高級紙、タブロイド紙、雑誌がどのような関係にあるのかを概説している。 Life in the global gutter: The popular press | The Economist 興味深いのは、日本のタブロイド紙(大衆紙)に調査報道の特徴を見いだしている点であ…

「インドネシアにおける学業: もっとカンニングせよ、さもないと……!」

教員が生徒に対してカンニングを強制しているらしい。カンニングに異論を唱えた人物を排除しようと、まわりの人々は行動してきたのか。 Indonesian schools: More cheating, or else! | The Economist 教員と親がカンニングを容認しないようにならない限り、…

「イギリスの報道機関と電話ハッキング・スキャンダル: デービッド・キャメロンはどれほど脆弱か?」

The British press and the phone hacking scandal: How vulnerable is David Cameron? | The Economist Economist紙が説明しているように、この事件にはさまざまな問題が含まれている。たとえば、当該タブロイド紙による盗聴の事案は今回明らかになった一件…

「国連の世界薬物報告:コカインの価格」

United Nations Office on Drugs and Crime(国連薬物犯罪事務所)の2011年報告中、コカインの価格に注目している*1。 The UN's world drug report: The cost of coke | The Economist 価格が低いということは、需要に対して供給が安定的になされていること…

「新たな日本 対 古くさい日本: 退会」

楽天が経団連に退会届けを提出した件の、Economist のスクープ記事である。日本の報道機関よりも Economist の方が早く報道しているのだ*1。 New Japan v old Japan: Stepping out | The Economist(Jun 23rd 2011, 3:28) 楽天 経団連に退会届け出る NHKニ…

"China: Vote as I say"

この記事が伝えているのは、地方の人民代表大会(地方議会)の選挙において、独立系候補を取り巻く動向を党が完全に統制できていない様子だ。 China: Vote as I say | The Economist 立候補に関する法制度はどの程度改訂されるのだろうか。もしかすると、制…

「今週の説明文コンテスト:説明文コンテスト その10」

This week's caption competition: Caption competition 10 | The Economist ストラスカーンの件に関する報道写真の説明文を募集している。Dominique Strauss-Kahn: The downfall of DSK | The Economistで説明されているようなフランスのプライバシー法制と…

「ハッカー、中国のウェブサイトと対決する」

Asia | The Economistの "What we're reading" より。 Hackers take on Chinese website Utopia.com とこれの共同設立者である Fan Jinggang さんの情報を google で検索して見たが、記事以上のことが分からない。 興味深いのは、中国における左翼主義者と自…

「日本の外務大臣の辞任:次いで首相が辞任するのか?」

Japan's foreign minister resigns: Will the prime minister be next? | The Economist 首相が慰留したにも前原議員が外務大臣を辞任したことについて、"just how weak the government is"と評価している。これは興味深い。一見するとそうだろうが、他の大…

「トゥーソンの惨事:ことばが責めを負うべきなのか?」

Tragedy in Tucson: Are words to blame? | The Economist 先日の銃乱射に関する記事である。予想されるように、この記事の関心は銃規制のゆくえにある。事件とこれを取り巻く政治的言説の展開については、かかしさんのエントリーを参照のこと。 In the Stra…

「9つのスライドから見る本年」

A year in nine pictures 二番目のスライドでは、日本のインフレ率の低さが際立っている。 参考→Twitter / 高橋洋一(嘉悦大): 白川通信簿 これまでの在任中インフレ率0〜2%は打率 ...

「孤独な6%の科学者たち」

Science: The lonely 6% | The Economist Public Praises Science; Scientists Fault Public, Media: Overview - Pew Research Center for the People & the Press中の表"Partisan and Ideological Differences"によれば、民主党支持だと自覚している科学者…

「2011年の世事」

The World in 2011 | The Economist The Economist内の特設ページである。このページ内の記事と、トップページからリンクされている通常の記事がいくつか重複しているようだ。あとでざっと目を通そう。

The Economist の Well red ページが良い

The Economist のサイトの上部にあるリンク先に、Well red というページがある。これは、The Economist のサイトで直近に公開された記事に関するクイズのページのようだ。 Well red | Diversions | Economist.com urlのパラメータを弄れば、任意の日のクイズ…

「試されている日本の司法制度: 検察官なのか、それとも迫害者なのか?」

Japan's judiciary on trial: Prosecutors or persecutors? | The Economist 三段落目の末尾の話が興味深い。東京地裁の裁判官を務めた人物によれば、裁判の結果被告人が無罪になってしまうと、その事件の検察官は出世に大きな傷がついてしまうようだ。なる…

「ノーベル平和賞: 獄中の受賞者」

The Nobel peace prize: The laureate behind bars | The Economist ノーベル平和賞を受賞した劉氏に関する記事である。 この記事中の二点について関心を抱いた。第一点は、中国国内の一般市民の意識だ*1。劉氏は、経済発展の恩恵を受け続ける限り、中国の国…

「中国による日本との小競り合い: 終わりだが事態を乗り越えていない」

China's spat with Japan: Out but not over | The Economist 何か違和感のある記事だと思った。それは、「わが国国民への影響や、今後の日中関係を考慮した」*1という那覇地検の言をそのまま引用していないからだろう*2。これは、記事中からリンクが張られ…

「中国の愛国主義者の抗議: 我々は誓いすぎているのか?」

Nationalist protest in China: Doth we protest too much? | The Economist 原文のタイトルの由来については、The lady doth protest too much, methinks. - Wikipedia, the free encyclopediaを参照のこと。 今回の一連の騒動を読み解く上で、記事中で触れ…

「The Economist 紙に対する検閲: (紙面の)黒塗り」

Censorship of The Economist: Blacked out | The Economist なるほど、一年間に総計 52 号が出版されると仮定すると、インドと中国において、The Economist の2号に1号は、検閲に引っかかって字句が修正されるか、販売されなかったり没収されるのか。 地図…

「テレビゲームを褒め称えて: WoW がためになる理由」

In praise of video games: Why World of Warcraft is good for you | The Economist Video games: The skills from zapping ’em | The Economist ゲームを賛美することで終始せずに、今後研究されるべき課題を提示している。なお、この記事の内容を踏まえる…

「日本政治: 小沢の退場」

Japanese politics: Ozawa bows out | The Economist The Economist は、今回の民主党党代表選挙から、個々人が重要となる政治の到来を見て取っている。それならば、今後の日本政治は、レファレンダムのような制度を利用する、その都度民意を問うものへと変…

「機能不全に陥っている日本の政治: 小沢一郎の逆襲」

Japan's dysfunctional politics: Ichiro Ozawa strikes back | The Economist いろいろ考えさせられる記事である。3段落目の読売新聞の世論調査については、首相続投賛成57%、支持上昇44%…読売調査 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)に詳細が掲載…

「人口知能: 群れに依存する人々」

Artificial intelligence: Riders on a swarm | The Economist これは、蟻コロニー最適化の研究者として著名な Marco Dorigo が、現在人工知能をいかに研究しているかを紹介する記事だ。巡回セールスマン問題に対する蟻コロニー最適化と粒子群最適化の位置づ…

「国家の改革: 急進派的な英国」

Reforming the state: Radical Britain | The Economist 最終段落によると、The Economist は今回の改革について総論では賛成するとのことだ。 思うに、今回の改革の肝は、中央政府が地方政府に対して介入できるその力強さにかかっているだろう。もしかした…

ジェイク・アデルスタイン「最後のヤクザ」

はじめに Asia | The Economistの"What we're reading"欄にて下記の論説が紹介されている。その紹介文はこうだ。「暴力団が民主党を新規に支援することに関する、ジェイク・アデルスタイン*1による報告」*2。以下で、この論説に関する覚え書きを残しておこう…

「中国と死刑: 厳格な死刑執行人」

China and the death penalty: High executioners | The Economist The death penalty in 2009 | Amnesty International コメント欄では、死刑の執行回数と当該国の構成人口比にこそ着目すべき、という意見が注目されているようだ*1。 *1:geekland wrote: Ju…

「哀れな人々から構成される国会」

Governing Japan: Diet of worms | The Economist 虫けらたちの国会 - The Economistを読むブログで言及されているように、刺激的な記事といえよう*1。 この記事を真に理解するには、記事のタイトル "Diet of worms" からDiet of Worms - Wikipedia, the fre…

「香港での選挙: 機能的民主制」

Elections in Hong Kong: Functionally democratic | The Economist 議会の構成につき、中国本土の発言力がこれほどまで強力であることを知らなかった。

「鳩山由紀夫が辞任する: 指導者を欠く日本」

Yukio Hatoyama resigns: Leaderless Japan | The Economist 「小沢氏を追い払うことが、真の改革の一徴候となろう」("Getting rid of Mr Ozawa would be a sign of real change.")とのことだが、実際にはどうだろう。そのようなことになるとは、私は想像で…

「日本の首相が辞任する: 引退」

今回の辞任騒動を概説したあとで、次の首相が財政問題に取り組まねばならぬと主張する記事だ。 Japan's prime minister resigns: Bowing out | The Economist この記事にはあることが欠落している。それは何か。鳩山首相が小林千代美衆院議員(北海道5区)…